FXリテールブローカーにとってのトランプ政権とは

by Forexware Team

Thu Mar 2, 2017


昨年の日足チャートを振り返ると、2016年に起きた代表的な政治の動きを簡単に見て取ることができます。6月に起きたイギリスEU離脱の際は、24時間の間にGBP/USDで10%、EUR/USDでも4.5%の大幅な値動きがみられました。また、記憶にも新しい11月の米大統領選の際には、EUR/USDにおいて10%の動きが生じました。 世間に衝撃を与えたこれらの出来事は、投機家や投資家にとって絶好のチャンスであったことは言うまでもありません。トランプ政権になってからのこの短い間で学ぶものがあったとするならば、それは、「予想していなかったことも起こりうる。」ということかもしれません。

 

この先数ヶ月間は、貿易協定や国境警備、移民問題はもちろんのこと、金融規制監督やFRBの方針まで多岐に渡る様々なコメントが発表されることでしょう。これらの課題は、どれ一つをとっても、昨年の一連の事象と同等のインパクトを市場に与える可能性を秘めています。

 

トランプ氏の勝因は、政界の異端児としての、あの型破りで破天荒な彼のスタイルにあったと多くの人が感じています。彼の後先考えない衝動的ともいえるツィートは、世間に次々と衝撃を与え、市場にさらなるボラティリティを招くことでしょう。これらのことを踏まえると、2017年は、高いボラティリティが見込まれ、投機筋や投資家はもちろんのこと、リテールブローカーにとっても多くのチャンスに恵まれた年になることが期待されます。

 

フォレックスウェアでは、ブローカー業の起業やIBをご検討中の方からのご相談を随時承っています。ご相談は無料です。是非、お気軽にお問い合わせください。