FXブローカーの運営に必要なツールとは

by Forexware Team

Fri Mar 15, 2019


FXブローカービジネスの円滑な運営と売上向上を実現するために効果的なツールとは?

 

その市場競争の激しさから、リテール向けのFXブローカーは大きな岐路に立たされています。常に最新のサービスを維持しながら利益を伸ばすには、それを可能にする最新のツールと強力なパートナーが不可欠です。フォレックスウェアでは、数多くのビジネスを成功へと導いたツールをニーズにあわせて幅広くご用意しています。その中でも最も注目を集めているのが、ビジネスの管理に必要な主要機能を完備した包括的パッケージのForexware Broker Portalです。取引量、コミッション、スプレッドから取引可能なアセットの管理まで様々な設定を瞬時に行うことができるうえ、クリックひとつでリアルタイムのリスクや残高、エクイティ、コミッション、損益を確認することができます。

 

Broker Portal ダッシュボードでは、取引開始からの損益、現在の残高、エクイティ、必要証拠金、余剰証拠金をはじめとする数値がマクロレベルの視点で明確化され、それにより運営状況を簡単に把握することができます。

 

 

 

リテール顧客をターゲットとしたブローカーにとってビジネスの成功を左右する大きな要因のひとつが、リスク管理です。そのためには、いかにリスクを監視するかがキーとなります。リアルタイムのリスクが表示されるポータル画面からは、未決済の含み損益をUSドルならびにクオート通貨で確認できるほか、取引量や平均値、現在の相場を確認することができます。

 

また、通貨ごとにエクスポージャーを確認することができ、リスクをさらに効率よく管理することができます。

 

 

運営実績は、エクイティ、コミッション、確定損益の変動から把握することができます。複数のアカウントから希望のアカウントを選択のうえ、期間を指定することで、起算日の残高、起算日のエクイティ、コミッション、コミッション調整、確定損益、ロールオーバー、出金、入金、含み損益、ブローカー収益、最終残高、最終エクイティを確認することができます。さらには、各種フォーマットで詳細な取引履歴をダウンロードすることも可能です。

 

 

運営が効率的かつ適切に行われていることが必須ですが、FXのリテール業界では、取引量=利益と言っても過言ではないほど顧客の取引量が利益に直結します。Broker Portalでは、ビジネスを様々な角度から検証し、うまく稼働している部分と改善が必要な部分を見極めるため、確認したいアセットを選択することとで、取引されている通貨ペア、標準ロットでの取引数、ベース通貨、ボリューム単位、当該通貨ペアの取引量(ノーショナル・ボリューム)を確認することができます。

Broker Portalには、MT4マネージャーやグループを作成する機能も完備されています。グループごとにレバレッジや最少・最大ロットサイズ、取引限度額の設定を行うことができるほか、STP、DD、デモなどの口座種別やデポジット通貨、ロールオーバーの有無などを選択することができます。また、取引できるアセットクラスをFX、メタル、CFDから選択のうえ、最少・最大ロットサイズを設定することができます。さらには、マージンコールやロスカットの発動条件の設定を行うこともできます。

グループのアセットクラスごとにスプレッドの調整ができるほか、追加でマークアップやコミッションを設定することも可能です。これにより、利益確保の構造をグループごとに管理することができます。また、「FX, Metals and CFD Agent Commissions」欄からは、IBに対するコミッションを設定することも可能です。

ブローカー業を営むうえで的確な判断を下すために必要な機能を盛り込んだのが、このBroker Portalです。フォレックスウェアでは、その他にも利益を最大化するためのソリューションを各種ご用意しています。一からブローカーを始める方から更なる成長を目ざすブローカーの方まで幅広いニーズにも対応しています。ご相談は無料です。是非お気軽にご連絡ください。